アイタスジャパン
製品紹介

ネットワーク機器
セキュリティ機器
スマート端末
その他
route HOME > 製品紹介 > Equil SmartMarker

Equil SmartMarker(エクイル スマートマーカー)

ホワイトボードにつけるだけで電子黒板に進化する
リアルタイムに配信・共有できる

国境を超えてつながるストリーミング

専用アプリ「Equilnote」からインターネットを経由し、メインとなる端末1台を含めて最大10台までホワイトボードの内容を表示・共有することができます。
世界中のありとあらゆる場所でリアルタイムに同じ画面を見ることができます。

世界中でホワイトボードを共有している様子

高精度な光学文字認識(OCR)搭載

専用アプリ「Equilnote」に搭載の光学文字認識(OCR)は高い認識率を持ったMyScriptエンジンを採用しています。
OCR(Optical Character Recognition)機能とは手書き文章を認識し、編集可能なテキストとして変換する機能です。
日本語や英語はもちろん、中国語、韓国語、フランス語等、計11ヶ国語もの言語をサポートします。

光学文字認識(OCR)機能の概要図

あらゆるデバイス、あらゆるOSに対応

本製品はWindows、Mac OS X、iOS、AndroidそれぞれのOSに対応します。
今までデジタルホワイトボードマーカーという製品の中で、これら4つのOS全てに対応した製品はありませんでした。
OS間による隔たりはなく、例えばiPhoneが配信ホストとなりAndroidのタブレットから配信を見ることができます。

スマートマーカー専用アプリ「Equilnote」

様々なSNSやクラウドサービスで共有

専用アプリで、書いた内容をEvernoteやDropbox、GoogleDriveなどのクラウドサービスからFacebookやTwitterなどのSNSまで様々なサービスで共有することができます。
書いた内容をメールに添付して送ることもできます。

対応しているクラウドサービスとSNS

小型・軽量設計

スマートマーカーはレシーバーが縦20cm横4cmと非常に小型であるため持ち運びに便利です。ケースに入れて持ち運んでも弁当箱サイズなのでかさばることはありません。
デジタルホワイトボードが設置されている部屋を使えなくても、スマートマーカーを取り付けたホワイトボードが電子黒板になります。

スマートマーカーの大きさ

自由な認識範囲

スマートマーカーは取り付けるホワイトボードを選びません。 たったの3操作で認識範囲を調整できますので、お使いのホワイトボードをそのままデジタル化できます。
「ホワイトボードを買い換えないといけない」、「プロジェクターの位置を微調整しないといけない」なんてことはもうしなくても大丈夫です。

スマートマーカーの認識可能範囲

どこでも電子黒板

スマートマーカーは何にでも書けます。ホワイトボートのペイントが塗られている壁、ガラス製のパネル、ツルツルのテーブル、そしてもちろん、何年も使い込まれたホワイトボードにも。 どこでスマートマーカーを使う必要があっても、その望みは満たされます。
内蔵メモリが4GBあるため、インターネットがない状態で井戸端会議をしたとしても、そこで生まれた画期的なアイデアは失わずに済むようになります。

取付けられるところ

3F,Ichigo Nihonbashi East B/D,2-7-8 Nihonbashi-bakurocho,Chuo-ku,Tokyo,103-0002,Japan

Copyright ⓒ ITUS Japan All rights reserved

プライバシーマーク制度へのリンク